PXI-XJLink2

PXI XJLink2 モジュールによりPXI ベースのテストシステムに、XJTAG バウンダリスキャンテスタを統合することが出来ます。PXI XJLink2 はx1つのJTAGコントローラを内蔵していますは、ピン配列や電圧の設定が可能な最大x4つまでのJTAGチェインに対応します。PXI XJLink2 モジュールは、LabVIEW™とVI(Virtual Instruments)で容易に統合させられます。

PXI-XJLink2 データ資料 技術仕様 お問い合わせ

Example of connectors to connect to the PXI front module: Manufacturer: 3m (refs. 10320-3210-000 and 10120-6000EL)

主な効果

  • 標準PXIインターフェイス:開発・設計から製造・メンテナンスまで活用
  • モジュラー型で、拡張性のある仕組み
  • ライセンスを内蔵しているので単独のPXIラックでもXJTAGを利用できる
  • 複数のテスト対象基板に対して、柔軟に再構成しコスト効率を向上
  • LabVIEW* に容易に統合

PXI-XJLink2 JTAG Controller

機能

  • 32bit PXI/cPCI バスインターフェイス
  • NI LabVIEW Virtual Instruments (VIs) (に対応National Instruments)
  • 3U 形状
  • テスト基板上の、最大4 JTAG チェインにを接続
  • 様々なケーブル、基板構成をサポート
  • JTAGクロック(TCK)速度:最大166 MHz
  • 1.1V から 3,3V まで 0.1V ステップで、2つの異なる電圧を設定可能
  • テスト状態を視覚的に表示
  • JTAG 信号の終端調整可能
  • 自動信号スキューコントロール
  • ターゲットへの電源供給(3.3V, <100mA)
  • 全I/Oピンに電圧計内蔵(0 ~ 5 V)
  • 全I/Oピンに周波数カウンタ。周波数カウンタ内蔵(1Hz ~ 200MHz分解能 1 ms, 10 ms, 100 ms, 1 s, 10 s)
  • JTAG信号は、+5V許容
  • JTAG のスペア信号線を他の制御に利用(ターゲットリセット、汎用I/O、高速FlashROM書込みなど)
  • 単純なDLL API:tmsReset() irScan() drScan()等のコマンドがあります
  • デモハードウエア用のソフトウエア、和文概説書付き

PXI/cPCI solution

XJTAG PXI-XJLink2 により、ノイズの影響を最小限になるように設計されている PXI 標準を用いて、他のテスト機器と JTAG を統合させることができます。 PXI XJLink2 CompactPCI® に互換であり、様々な cPCI/PXI ベースのテストシステムに活用できます。

pxi-rack

構成可能な JTAG インターフェイス

ターゲットに対しては、シンプルなケーブル接続だけです。追加のアダプタは必要有りません。PXI-XJLink2 の 20-way コネクタは、ターゲットに合わせて設定可能です。JTAG信号線のピン配置の変更が可能なため、ターゲットへの接続は容易です。

統合

標準の.NET や COMインターフェイスにより、XJTAGのテストをNI LabVIEWTM や LabWindowsTM/CVIと統合させることや、Visual Basic .NET® や C#® などを用いて専用の統合テストアプリケーションを組むこともできるでしょう。またこれらを支援するためのサンプルコード(LabVIEW, LabWindows, C#, C++, Visual Basic)も用意しています。

*The XJTAG trademark and logo are registered trademarks of XJTAG Ltd. All Rights Reserved. CompactPCI® is a registered trademark of the PCI Industrial Computers Manufacturers Group. LabVIEW and LabWindows are registered trademarks of National Instruments. All other trademarks are the property of their respective owners.

柔軟性と拡張性

開発時にはシングルポート、製造段階のシステムプログラミングやテストにはマルチポート。PXI-XJLink2 モジュールにより、JTAGテストは、柔軟で拡張性のあるものとなります。

ライセンスキーは内蔵されているので、ネットワーク接続など必用無く、あらゆる場所で柔軟に使用することもできます。

更に進化した接続機能

PXI-XJLink2 には、様々な信号終端が用意されています。その為、終端の有る無しに関わらずにターゲットボードへ接続が可能です。最新の自動スキューコントロールにより、JTAGチェイン、ケーブルの構成を加味した、最大の制御周波数を得ることが出来ます。


XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

See XJTAG in action.

Our experts will be happy to show you how the XJTAG tools can help you diagnose faults on your board as well as cutting test development and repair time.

Ask for a Demo

telephone

Questions? We'll call you back.

We're here to help. Enter your name and phone number and one of our test specialists will call you back shortly.

workstation

Get a free test setup.

Evaluate the XJTAG system with full functionality for 30 days and get the first test project set up for your board – for free. No obligation to purchase.

Get started now

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan