BSDLファイル

バウンダリスキャン記述言語(BSDL)はVHDLの構文と文法をベースに、バウンダリスキャンアーキテクチャがデバイスにどのように実装されているかを記述しています。BSDLファイルがないと、製造業者はデバイスをIEEE 1149.1準拠として説明できません。

これらのファイルは通常、JTAGデバイス製造元のWebサイトから無料でダウンロードできます(以下のリストを参照)。

XJTAGなどのバウンダリスキャンテストシステムは、BSDLファイル内の情報を使用して、JTAGチェーン上のデバイスにアクセスする方法を決定します。ファイルには次の要素が含まれています。

  • Logical Port Description/論理ポートの説明
    デバイスへの各接続について説明します。バウンダリスキャンに使用できるポートは、「in」、「out」、「inout」、または「buffer」として説明されています。電源ピンやアナログピンなど、使用できないものは、それぞれ「POWER_NEG」や「LINKAGE_OUT」などの用語で説明されています(2013標準より前に作成されたファイルは、非バウンダリスキャンポートの種類を区別せず、それらをすべて「LINKAGE」として指定します)。このセクションでは、ピン番号ではなく各ポートにシンボル名を使用して、異なるピン配列で再利用できるようにします。
  • ID Code Declaration /IDコード宣言
    デバイスのIDレジスタ(実装されている場合)の内容を記述し、製造元、部品番号、シリコンバージョンなどの情報を提供します。レジスタはIEEE 1149.1および6デバイスではオプションですが、IEEE 1149.7に準拠するデバイスでは必須です。
  • Device Package Pin Mapping/デバイスパッケージのピンマッピング
    各ポートのシンボル名を物理ピンにマップし、接続されていないピンを識別します。
  • Scan Port Identification (TAP)/スキャンポート識別(TAP
    JTAGピン(TMS、TCKなど)を定義します。
  • Instruction Register Description/命令レジスタの説明
    命令レジスタの長さを提供し、各バウンダリスキャン操作を実行するためにレジスタに配置する必要があるバイナリオペコードをリストします(IEEE 1149.1-2013で定義されているオペコードはBYPASSのみです)。
  • Register Access Description/レジスタアクセスの説明
    JTAG命令ごとにTDIとTDOの間に配置されるレジスタを定義します。
  • Boundary Register Description/バウンダリレジスタの説明
    バウンダリスキャンレジスタのサイズを提供し、使用する個々のセルを説明します。
  • Component Conformance to IEEE 1149.6/IEEE 1149.6に準拠したコンポーネント
    容量結合デジタル信号をサポートし、IEEE 1149.6に準拠しているセルに関する情報を提供します。
  • Configuration Register Description (IEEE 1149.7)/構成レジスタの説明(IEEE 1149.7
    パフォーマンスクラスや使用可能な機能など、デバイスのIEEE 1149.7機能について説明します。

IEEE 1149規格は、バウンダリスキャンレジスタを構成するために使用できる一連の標準セルを定義しています。ただし、メーカーには独自のセルアーキテクチャを作成するオプションがあり、その場合、非標準のセルタイプの動作を説明する追加情報を提供します。

デバイスのJTAGピンがテストモードになっているときにIEEE規格にのみ準拠している場合、BSDLファイルは、デバイスのコンプライアンスピンに適用してバウンダリスキャンモードに設定する必要があるビットパターンを提供します。

BSDLファイルのより詳細な説明は、BSDLおよびSVFファイル形式のページにあります。


BSDLファイルのダウンロード

リンクがファイルのリストを直接表示しない場合は、「BSDL」で検索してみてください。


More BSDL files can be downloaded from the following community maintained website, but please be aware that the files may not be up to date: BSDL Files Library for JTAG.
(please note that this website is not connected to XJTAG and XJTAG is not responsible for their content).

Want to be the first to know of new eBooks and JTAG Resources?

Find out how XJTAG can help you test your PCB faster
From Prototype To Manufacture