XJInvestigator – 電子回路実装基板をデバッグ

XJInvestigatorは、製造ラインの検査装置に比べてはるかに柔軟な、故障解析と修理に重点を置いたテストおよびデバッグ環境です。

XJRunnerXJAnalyserのテスト機能を統合して、追加の診断機能を組み合わせたXJInvestigatorは、故障したボードを効率的に修復することに役立つバウンダリスキャンツールです。

XJInvestigator Product Sheet Get further info Evaluate

特徴

  • 故障解析と基板修復に重点を置いたXJDeveloperXJRunner の機能連携
  • 完全な接続テスト
  • RAM、フラッシュ、およびその他の非JTAGデバイステスト
  • Flash、FPGA、CPLD、EEPROMプログラミング
  • Layout Viewer*欠陥のあるネット、ピン、コンポーネントの物理的な場所を表示
  • Schematic Viewer*は、障害箇所を回路図上に表示
  • JTAGデバイスのピンあるいはボールを直接制御
  • ピンの状態をリアルタイムでグラフィカルに表示し、波形ビューアーでキャプチャ
  • 短絡、オープン、その他の障害を特定

診断能力を向上させて基板修復を支援

XJInvestigatorは、製造ラインの検査装置に比べてはるかに柔軟なテストとデバッグ環境の連携で、障害をすばやく特定し、基板を修理して再テストすることができます。

製造検査と同じXJRunnerのエラーレポートを再現させて、Analyzer画面からJTAGデバイスのピンあるいはボールを直接制御して、製造ラインでは通常行えない追加の診断を行うことができます。そして、統合されたLayout ViewerとSchematic Viewerを使用して、回路図と基板のレイアウトの両方で障害を視覚化します。

 

Run Tests screen in XJInvestigator

 
もしJTAGスキャンチェーンが問題で製造検査を実行できない場合、JTAGチェーンデバッガー で障害をすばやく特定して、テストを続行できるようにします。

シンプル、強力、かつ柔軟な診断テスト

XJInvestigatorは、XJRunnerで使用されるのと同じ暗号化されたXJPackファイルからボードのテストとデバッグに必要なすべての情報を抽出します。テストプロセスの一貫性を確保するために、事前定義されたテスト機能は変更できませんが、XJInvestigatorは、障害の追跡を支援するために必要な追加の柔軟性と構成オプションを提供します。

ボードで問題が特定されたら、個々のテスト、テストセット、または本番環境テストに含まれていない追加機能を選択して実行できます。また、テストを継続的に実行して、特にトリッキーまたは断続的な問題の診断に役立てることもできます。

Layout Viewer と Schematic Viewer

Layout ViewerSchematic Viewer*を使用してボードの物理的構成と論理的構成の両方を表示することにより、障害の理解と特定に役立てることができます。

* Layout ViewerとSchematic Viewerは、XJDeveloperからXJPackファイルに必要な情報を含めることを選択した場合に使用できます。

JTAGデバイスを直接制御できる

例えBGA実装であっても、JTAG対応デバイスからボード上の信号を制御および監視することにより、簡単なアドホックテストを非常に迅速に実装できます。

アナライザー画面では、ピンの値をトグルすることや、ハイまたはローに駆動することができます。ボードから読み取られたピンの値は、単純な色分けで表示されます。

Analyser screen in XJInvestigator

ゴールデンボードの比較

XJInvestigatorは、正常に機能することがわかっているリファレンスボードのJTAGデバイスに駆動される値をスキャンして保存できます。次に、これらの値を、予期しない動作を示すボードから取得した結果と比較して、不整合を明確にすることができます。

ピンウォッチ

ウォッチウィンドウでは、異なるJTAGデバイスのピンであっても、ピン間の関係を簡単に設定できます。ピンのグループをバスとして構築し、そのバスに値を書き込んで、それらの値を監視するなど、より効率的なテストを行えます。

柔軟なインターフェース

アナライザーやLayout Viewer やSchematic Viewerなどのデバッグ機能を使用している間、テスト結果を表示し続けることで、XJInvestigatorのユーザーインターフェイスは、デバッグプロセスをさらに合理化および簡略化します。

推奨システム要件

  • インテル®Core i3、i5、i7プロセッサーまたは同等のもの(すべての世代)
  • Microsoft®Windows®7、Windows 8.1またはWindows 10(32ビットまたは64ビット)
  • 4 GBのRAM

XJInvestigator for fast PCB repairs in manufacturing

  • BGAおよび狭ピッチデバイスのピン単位のリアルタイム制御
  • 製造不良診断
  • インシステムプログラミング

主な利点
  • 製造歩留まりの向上–無駄になる基板を修理
  • 基板のデバッグ時間を短縮–単一の統合環境で作業
  • 基板のテスト方法を管理する
  • トレーニングコストを削減–直感的でユーザーフレンドリーなインターフェース

柔軟なライセンスオプション

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

XJTAG のデモ

富士設備の専門家が、JTAGバウンダリスキェンテストによる欠陥の検出や、テストの開発方法等について、デモを介して紹介します。

デモを依頼

contact us icon

お問い合わせ

製品説明・資料請求・見積依頼・デモ依頼などメッセージをお送りください。あるいは、富士設備にまでメールでお問い合わせください。

お問い合わせ

workstation

無償評価版

XJTAG社と富士設備では、皆様の様々なご要求にお答えできるように、無料体験版、基板セットアップ、講習会を用意しています。

無償評価版を依頼

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan