XJAnalyser — JTAG信号を視覚化してデバッグ

XJAnalyserは、JTAG信号をリアルタイムに視覚化してデバッグできるパワフルなツールです。JTAGデバイスの各信号をグラフィカルに表示して、各ピンの状態(出力として駆動、或いは入力としてトライステート設定)と、値(駆動する場合はハイ又はロー)を完全に制御できます。また、SVFとSTAPL/JAMフォーマットの実行も可能です。

 

XJAnalyser データ資料 お問い合わせ 評価版

効果

  • BGAやファインピッチデバイスなど、プローブできないコンポーネントをテスト
  • 基板に接続して数分以内に利用できる(テストプログラムの開発は不要)
  • 製造上の不具合をすばやくデバッグして不良解析することにより歩留まりを向上
  • プロトタイプから製造までの期間を短縮して、市場投入までの時間を短縮
  • デバイスをプログラミングするための複数のツールが必要なくなり、コストを節約
XJAnalyser showing colour-coded pin values screenshot

機能

  • BSDLファイルのみで直ぐに使用できる
  • 信号線を操作、H、L、トグル
  • ショート、オープン、その他状態を監視
  • デバイスピン、バス単位で簡単に操作できる
  • ズーム表示、表示分割で信号線を明確に解析
  • Waveform Viewerで信号レベルと遷移をキャプチャ
  • 変化する信号線を容易に確認
  • SVF、STAPL 形式のプログラミング
  • リアルタイムにデバッグ
  • XJIntegrationで不良解析を強化

JTAGデバイスのピンを制御および監視する

マウスをクリックするだけで、ピンの値をリアルタイムでハイ又はローに設定できます。また、スロー/ファーストのトグル操作も可能です。全てのピンの値は色分けして表示され、入力/出力の様な特性も色分けされます。

BGAを含むJTAG対応デバイスのすべてのピンの値とプロパティをリアルタイムで監視します。

デバイスのプログラミング

XJAnalyserは、SVFとSTAPL/JAM形式のファイルを基板上のデバイスにダウンロードすることができます。ヘッダやトレーラーは自動的にセットアップされます。

ゴールデンボード比較機能

XJAnalyser に、基準ボードのJTAG信号状態をセーブし、動作がおかしいボードとの比較・評価を行うことができます。

XJAnalyser に、正常に機能することがわかっている基板のJTAG信号状態をセーブし、動作がおかしいボードとの比較・評価を行うことができます。

JTAGチェーンのデバッグ

XJAnalyserは、検出されたデバイスの数とそれらのIDコードを確認できるので、JTAGチェーンのデバッグにも有効です。詳細はこちらをご覧ください。

ピンウォッチ

ウォッチウィンドウに特定のピンを選択して配置することで、デバイス上の全てのピンから独立して、値の変化を観測しやすくします。

複数のピンを纏めてバスを構成することも可能です。またバスに値をセットすることで、バスを構成する全てのピンに一度に値を設定できます。

ズームイン/画面分割

XJAnalyserはユーザー定義可能な画面のズーム機能を持っています。また、画面を分割してJTAGチェーン内の別々のデバイスを異なった拡大率で同時に表示することも可能です。

XJAnalyser zoom in / split screen

チェーンの実行/シングルステップ実行

XJAnalyserはJTAGサイクルでの連続実行(信号の変化を即座に反映)とJTAGサイクルを手動で実行させるシングルステップ(JTAGサイクルの間に信号を変更)をサポートしています。

デバイスジオメトリーの変更

BSDLファイル内でデバイスのジオメトリー規定が間違っている場合や、規定されていない場合は、デバイスの実際のジオメトリーを反映するように両側のピン数を変更できます。デバイスを回転させるオプションもあります。

Waveform Viewer

Waveform Viewerビューアーは、JTAGチェーン上のデジタル信号レベルと遷移をキャプチャして表示します。

トリガー機能をサポートし、特定のイベントが発生したときなど、指定された条件下で回路の動作をキャプチャします。 これにより、重要な情報を取得して断続的な障害を追跡する能力が大幅に向上します。

Waveform Viewer showing captured bus values

“プラグ・アンド・プレイ”で簡単設定

XJAnalyserを基板に接続して起動すると、JTAGチェーンを自動的にチェックして、PC上に保管されたBSDLファイルを識別します。ただこれだけの作業で、直ぐにデバッグを開始できます。

推奨システム要件

  • インテル®Core i3、i5、i7プロセッサーまたは同等のもの(すべての世代)
  • Microsoft®Windows®7、Windows 8.1またはWindows 10(32ビットまたは64ビット)
  • 4 GBのRAM

XJAnalyser visual analysis and real-time debug tool

  • BGAおよび狭ピッチデバイスのピン単位のリアルタイム制御
  • インシステム プログラミング using SVF/STAPL/JAM files
  • 簡単に4ステップ設定

柔軟なライセンス形態
Giveaway web banner

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

XJTAG のデモ

富士設備の専門家が、JTAGバウンダリスキェンテストによる欠陥の検出や、テストの開発方法等について、デモを介して紹介します。

デモを依頼

contact us icon

お問い合わせ

製品説明・資料請求・見積依頼・デモ依頼などメッセージをお送りください。あるいは、富士設備にまでメールでお問い合わせください。

お問い合わせ

workstation

無償評価版

XJTAG社と富士設備では、皆様の様々なご要求にお答えできるように、無料体験版、基板セットアップ、講習会を用意しています。

無償評価版を依頼

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan