XJAPI JTAGアクセス

XJAPI ソフトウエア & ハードウエア間インターフェイス

XJAPI JTAG Boundary Scan APIXJAPI により、XJLinkPXI ハードウエアプローブからJTAG チェインに対して、ローレベルアクセスができるようになります。これにより、開発基板、評価ボード、テストシステムなど各種システムへの統合が容易になります。

高速USBを搭載するJTAGハードウエア(XJLink / XJLink2)から、アプリケーションプログラミングインターフェイス(XJAPI )を用いて、JTAGチェインを直接制御します。

あるいは、高速PXI に搭載されたJTAGハードウエア(PXI-01)から、アプリケーションプログラミングインターフェイス(XJAPI )を用いて、JTAG チェインを直接制御します。

製品データ資料  お問い合わせ 評価版

機能

  • JTAG/IEEE 1149.x 準拠
  • 高速USB2.0 インターフェイス(480 Mbps) USB 1.0 & 1.1にも対応
  • USB バスパワーに対応(外部電源不要)
  • ターゲットにも電源供給可能(3.3V, <100 mA)
  • TCKクロック周波数60 MHzまで
  • 調整可能なJTAG 信号の終端
  • 信号スキュー自動制御
  • ピン配置がソフトウエアで設定可能
  • JTAG 信号は、+5V 許容
  • JTAG のスペア信号の利用。電源投入時に、基板をリセットさせるなど。
  • サンプルファイル、ライブラリなどアプリケーション例を提供
  • C、C++ によって開発できる
  • XJDemo による、動作確認、トレーニング
  • Windows® 10 / 8 / 7 / Vista に対応

主な効果

  • 高速通信・ダウンロードUSB (480 Mbps), JTAG (60 Mbps peak)
  • USB によるJTAG アクセス。小型・軽量・ポータブル。研究室・フィールドなど、あらゆる場所で使用できる
  • PXI によるJTAG 接続もサポート。(3U/32 bit PXI/c PCI bus interface)
  • ライセンスキーはプローブ本体に内蔵されるので、あらゆるホストマシンで使用できる
  • あらゆるデバイスのピン配置をサポート( ARM, Xilinx, Altera など)
  • カスタマイズが容易に出来る

XJAPI の機能

  1. 初期化、セットアップ、APIの終了
  2. JTAGスキャンをセットアップする為の低レベルの関数と低レベルのJTAGアクセス機能
  3. 高レベルのJTAG機能

APIのヘッダファイルはここからダウンロードできます: XJAPI.h

以下に機能の要約を示します。

初期化/APIの終了

ハードウェアとピン配置のセットアップを行う関数です。動作周波数(XJAPIは入力された周波数に最も近いXJLinkが設定可能な周波数に自動的に選択します)、ピン配置、JTAG経由の電源供給の有無を規定できます。

XJAPI_HardwareSetup( frequency, pinMap, powerOn );

ハードウェアを開放する関数です。APIを終了する前に必ず実行する必要があります。

XJAPI_HardwareRelease( );

ピン配置を設定する関数です。この関数は、コネクタの20ピンに対応した20のエレメントを持つ配列変数をパラメータとして持ちます。配列の添字(I)は、ピン I+1に対応します。以下の固定ピンは設定できません。

  • pin 1 – VCC
  • pin 2 – NC
  • pin 4 – GND
  • pin 20 – GND

※アレイは0から始まり、ピン番号は1から始まるため、ピン10は配列[9]になります。

XJAPI_SetPinMap( pinMapping, pinTypes[20], powerOn );

低レベルのJTAGアクセス

クロック周波数を設定する関数(100kHz~60MHz)

XJAPI_SetFrequency( frequency );

TMSリセットを出力する関数

XJAPI_TmsReset( );

特定のJTAGステートに移行する関数

XJAPI_GotoState( state );

DR又はIRスキャン終了後にシステムが移行する最終ステートにセットする関数。通常、このステートはJTAG_IDLEステートです。

XJAPI_SetEndState( endir, enddr );

JTAGチェインの特定の回数クロック送る関数

XJAPI_ClockChain( count );

高レベルのJTAGスキャン関数

JTAGのDRスキャン又はIRスキャンを実行する関です。通常、システムはこのスキャン終了後にJTAG_IDLEステートに移行します。異なるステートに設定したい場合はXJAPI_SetEndState関数を使用してください。

スキャンのタイプを(DR又はIRに)規定します。スキャンするビット長とデータバッファのアドレスも規定します。“outData”は出力バッ ファで0バイト目の0ビット目を先頭にシフトアウトします。“inData”は入力バッファで0バイト目の0ビット目を先頭にシフトインします。

XJAPI_Scan( scanType, length, outData, inData );

複数回のスキャンを実行する関数です。DRスキャンとIRスキャンが混在した複数のスキャンチェーンに対して、利用可能です。

※“nScans“以外の引数は、全て”nScans“個の配列変数になります。

XJAPI_ScanMultiple( nScans, scanTypes, length, outData, inData );

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

XJTAG のデモ

富士設備の専門家が、JTAGバウンダリスキェンテストによる欠陥の検出や、テストの開発方法等について、デモを介して紹介します。

デモを依頼

contact us icon

お問い合わせ

製品説明・資料請求・見積依頼・デモ依頼などメッセージをお送りください。あるいは、富士設備にまでメールでお問い合わせください。

お問い合わせ

workstation

無償評価版

XJTAG社と富士設備では、皆様の様々なご要求にお答えできるように、無料体験版、基板セットアップ、講習会を用意しています。

無償評価版を依頼

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan