XJAPI JTAGアクセス

XJAPI ソフトウエア & ハードウエア間インターフェイス

XJAPI JTAG Boundary Scan APIXJAPI により、XJLinkPXI ハードウエアプローブからJTAG チェインに対して、ローレベルアクセスができるようになります。これにより、開発基板、評価ボード、テストシステムなど各種システムへの統合が容易になります。

高速USBを搭載するJTAGハードウエア(XJLink / XJLink2)から、アプリケーションプログラミングインターフェイス(XJAPI )を用いて、JTAGチェインを直接制御します。

あるいは、高速PXI に搭載されたJTAGハードウエア(PXI-01)から、アプリケーションプログラミングインターフェイス(XJAPI )を用いて、JTAG チェインを直接制御します。

製品データ資料  お問い合わせ 評価版

機能

  • JTAG/IEEE 1149.x 準拠
  • 高速USB2.0 インターフェイス(480 Mbps) USB 1.0 & 1.1にも対応
  • USB バスパワーに対応(外部電源不要)
  • ターゲットにも電源供給可能(3.3V, <100 mA)
  • TCKクロック周波数60 MHzまで
  • 調整可能なJTAG 信号の終端
  • 信号スキュー自動制御
  • ピン配置がソフトウエアで設定可能
  • JTAG 信号は、+5V 許容
  • JTAG のスペア信号の利用。電源投入時に、基板をリセットさせるなど。
  • サンプルファイル、ライブラリなどアプリケーション例を提供
  • C、C++ によって開発できる
  • XJDemo による、動作確認、トレーニング
  • Windows® 10 / 8 / 7 / Vista に対応

主な効果

  • 高速通信・ダウンロードUSB (480 Mbps), JTAG (60 Mbps peak)
  • USB によるJTAG アクセス。小型・軽量・ポータブル。研究室・フィールドなど、あらゆる場所で使用できる
  • PXI によるJTAG 接続もサポート。(3U/32 bit PXI/c PCI bus interface)
  • ライセンスキーはプローブ本体に内蔵されるので、あらゆるホストマシンで使用できる
  • あらゆるデバイスのピン配置をサポート( ARM, Xilinx, Altera など)
  • カスタマイズが容易に出来る

XJAPI の機能

  1. 初期化、セットアップ、APIの終了
  2. JTAGスキャンをセットアップする為の低レベルの関数と低レベルのJTAGアクセス機能
  3. 高レベルのJTAG機能

APIのヘッダファイルはここからダウンロードできます: XJAPI.h

以下に機能の要約を示します。

初期化/APIの終了

ハードウェアとピン配置のセットアップを行う関数です。動作周波数(XJAPIは入力された周波数に最も近いXJLinkが設定可能な周波数に自動的に選択します)、ピン配置、JTAG経由の電源供給の有無を規定できます。

XJAPI_HardwareSetup( frequency, pinMap, powerOn );

ハードウェアを開放する関数です。APIを終了する前に必ず実行する必要があります。

XJAPI_HardwareRelease( );

ピン配置を設定する関数です。この関数は、コネクタの20ピンに対応した20のエレメントを持つ配列変数をパラメータとして持ちます。配列の添字(I)は、ピン I+1に対応します。以下の固定ピンは設定できません。

  • pin 1 – VCC
  • pin 2 – NC
  • pin 4 – GND
  • pin 20 – GND

※アレイは0から始まり、ピン番号は1から始まるため、ピン10は配列[9]になります。

XJAPI_SetPinMap( pinMapping, pinTypes[20], powerOn );

低レベルのJTAGアクセス

クロック周波数を設定する関数(100kHz~60MHz)

XJAPI_SetFrequency( frequency );

TMSリセットを出力する関数

XJAPI_TmsReset( );

特定のJTAGステートに移行する関数

XJAPI_GotoState( state );

DR又はIRスキャン終了後にシステムが移行する最終ステートにセットする関数。通常、このステートはJTAG_IDLEステートです。

XJAPI_SetEndState( endir, enddr );

JTAGチェインの特定の回数クロック送る関数

XJAPI_ClockChain( count );

高レベルのJTAGスキャン関数

JTAGのDRスキャン又はIRスキャンを実行する関です。通常、システムはこのスキャン終了後にJTAG_IDLEステートに移行します。異なるステートに設定したい場合はXJAPI_SetEndState関数を使用してください。

スキャンのタイプを(DR又はIRに)規定します。スキャンするビット長とデータバッファのアドレスも規定します。“outData”は出力バッ ファで0バイト目の0ビット目を先頭にシフトアウトします。“inData”は入力バッファで0バイト目の0ビット目を先頭にシフトインします。

XJAPI_Scan( scanType, length, outData, inData );

複数回のスキャンを実行する関数です。DRスキャンとIRスキャンが混在した複数のスキャンチェーンに対して、利用可能です。

※“nScans“以外の引数は、全て”nScans“個の配列変数になります。

XJAPI_ScanMultiple( nScans, scanTypes, length, outData, inData );

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

See XJTAG in action.

Our experts will be happy to show you how the XJTAG tools can help you diagnose faults on your board as well as cutting test development and repair time.

Ask for a Demo

telephone

Questions? We'll call you back.

We're here to help. Enter your name and phone number and one of our test specialists will call you back shortly.

workstation

Get a free test setup.

Evaluate the XJTAG system with full functionality for 30 days and get the first test project set up for your board – for free. No obligation to purchase.

Get started now

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan