XJDeveloper — フルテスト 開発環境

XJDeveloper は、基板テストの設定・実行を、簡単・迅速に行なえるグラフィカルなツールです。XJDeveloper のテストスクリプトは、製品設計時のデバッグから製造工程まで再利用が容易で、製品市場投入までの期間を削減できるようになります。

XJDeveloper に搭載されるコネクションテストと、JTAG 未対応デバイスに対応する XJEase により、基板実装のオープン・ショートエラーを検査します。テストの開発やカスタマイズが容易なXJDeveloper では、ネットリスト・エクスプローラ機能によりデバイス間の接続情報を提供し、レイアウトビューア回路図ビューア、DFT(デザインforテスト)機能によりテストのカバレッジを解析することも可能です。XJDeveloper 動画デモ

XJDeveloper は、JTAG デバイス(CPLD, FPGAなど) や、JTAG未対応デバイス(EEPROM, Flashなど)へのプログラミングもサポートしています。

XJDeveloper データ資料 お問い合わせ 評価版

アドバンスド・コネクション・テスト

独自開発の接続テストが スクリプトの一部として基板上で行われます。回路内のデバイス間の相互接続と特性を考慮に入れて、XJTAGは他の多くのツールより高い割合のテストを実 施します。また、回路内のデバイスの状態をモニターすることで、不具合発生場所に関する詳細な情報と不具合の正確な種類を得ることも可能です。Schematic ViewerおよびLayout Viewerは、基板上の障害を視覚化することで、その解析を支援します。

テストは、ライブラリとして無償で提供しています

インストール内にあるXJEaseライブラリには、非JTAGデバイスをテストするための多数のデバイスファイルがソースコードで提供されています。テストプログラム開発環境に含まれる XJEase library には、DDRやFlashなどメモリを代表に、あらゆるJTAG 未対応デバイスのテストプログラムが提供されます。これにより、JTAGテストを始めて導入する場合でも、プログラミングすることなく完全な機能テストを行えます。また他社製品のように追加費用も求めませんので、安心してJTAGテストに取組んでいただけます。ここではXJEase言語を例として説明していますが。

デバイス固有のファイルが見つからない場合は、同様のデバイス用のファイル、あるいはそれを小変更して利用することも容易です。 ライブラリはソースコードで提供されているためです。また、特定の要件に合わせたテストを設計するサービスも提供しています。

XJEase — 柔軟な、高級レベル言語でテストを記述

変数、ループ、実行制御といった全てのプログラム言語の柔軟な強みが、デバイスや回路のテストを開発するために使用されます。XJEaseの高レベ ルなプログラムを用いて必要なテストパターンを生成し、他のJTAGツールでは不可能であった複雑なテストが容易に開発可能です。

XJDeveloperには、XJEaseの開発およびプロトタイプ作成時に使用するソフトウェアデバッガーが含まれています。

クラシックスタイルのデバッガを包括しており、以下の機能が使えます :

  • コード一行毎のステップ実行
  • ブレークポイントの削除とセット
  • コード内での変数値のセットと確認
xjdev-xjease-debugger

デバイスセントリック-再利用できるテスト

XJDeveloperのテストシステムの構築には、JTAG技術そのものへの理解は不要です。XJEaseを使って書かれた全てのデバイステストプログラムは、テスト対象回路に依存しません。デバイスの視点で書かれます:これは、テスト実行に必要なピンのレベルと、期待値として関連するピンの状態を規定します。次にXJTAGは、回路に対する情報を用いて、所要の入力を行うテストパターンを作成します。つまり、一度デバイスに対するテストプログラムを作成すれば、どんな回路に対しても追加の作業無しに再利用されます。

JTAG未対応デバイスに対するテスト、プログラミング

XJDeveloper を用いて、JTAG未対応デバイスのテスト、プログラミングができます。 例えば、Flash, RAM, FIFO, IIC devices, SPI devices and Ethernet controllers など。

JTAGの動作への理解は不要

JTAG未対応デバイスへのテストを作りたい場合でも、JTAGの仕組みや動作を意識することなくプログラミングできるようになっている為(高級言語による抽象化)、容易かつ迅速に開発することができます。

XJTAG は、JTAGデバイスからアクセス可能なネット上のテスト対象デバイスのピンをチェックし、適切なJTAGデバイスのピンを操作できるようになっています。

 

xjdeveloper-editcode

 

同様に、一旦デバイスのテストプログラムを入手すれば、そのデバイスが他の回路の一部である限り、再利用可能です。

複数の基板

複数基板のテストも、単一基板のテストと同様に簡単に実行可能です。複雑な結合手順はありません。XJDeveloper にネットリストを設定し、相互接続の状態を設定するだけです。それ以外の全ての作業は、実行時に XJTAG が処理します。

テストの実行

テストはXJDeveloper からも実行させることや、目的に応じた別の実行手段を提供。

XJRunnerは、製造検査やメンテナンスサービスなどの現場用のテスト実行ツールです。これは、基板製造業者や現場でのインフィールドテスト向けに特化した製品で、テスト結果のログ機能、シリアル番号の生成機能やユーザーの管理機能が追加されています。他のテストシステムへ統合する為のインターフェイスも用意しています。

ネットリスト

ネットリストには、基板の接続情報が含まれています。 XJTAGは殆どのネットリスト形式に対応済みで、自動的に解析、識別します。 ASCII形式のネットリストを使用できますが、もし認識されない場合は、対応する形式に変換することができます。また将来のリリースでパーサーを追加いたします。

ネットリスト形式の詳細については、XJTAG Blog を参考ください。

ネットリストなしのテスト

テスト対象基板のネットリストがない場合、XJDeveloperでは、ネットリストを使用せずに、基板上のJTAGデバイスのBSDLファイルに基づいてテストシステムを作成できます。 システムは、ゴールデンボードからJTAGデバイス間の接続を自動的に学習して、接続テスト中に使用できます。 また、テストカバレッジを拡張するために、RAM、フラッシュ、I²CやSPIなどの周辺バス上のデバイスなど、JTAG以外のデバイスのテストを追加することもできます。

機能

Frequently asked questions

General

What is included with XJDeveloper?

XJDeveloper includes:

  • Test development capabilities
  • BSDL file editor/viewer
  • JTAG Chain Debugger and signal integrity testing
  • Library of non-JTAG testable devices
  • Library of logic devices and truth tables
  • XJEase language  ability for user to create new tests/modify library tests
  • Ability for user to add connections/remove connections from netlist
  • Schematic viewer
  • Layout viewer
  • XJRunner – integrated in XJDeveloper and as separate XJRunner application
  • XJDemo board & tutorials

What options are available with XJDeveloper?

  • XJDeveloper is available with or without XJAnalyser functionality.
  • XJDeveloper is available with or without XJFlash test generation capability.
  • XJDeveloper can work with hardware licensing or with network licensing (minimum hardware purchase applies).

Technical questions

What files / data do I need to start working with XJDeveloper?

The minimum needed is the BSDL file for at least one of your JTAG devices (available from the device manufacturer).

Results will be much better and test coverage easier to achieve if you have a netlist for the board you wish to test. This is usually exported from the board design (EDA) tools.

If your EDA tools support export in ODB++ format, by using this as the netlist, XJDeveloper will also have access to layout information on your board to improve how it shows you problems.

If you have a Bill of Materials (BoM) for your design, XJDeveloper can use the information in it to help you improve your setup and save time in deciding how to categorise devices.

Providing the schematics (in PDF format) to XJDeveloper also allows it to help better during board setup.

You do not need the board you wish to test in order start the setup, though you will want to verify your tests on real hardware at some stage.

What netlist formats does XJDeveloper support?

Our recommendation is that customers use ODB++ board data because this contains both netlist and layout information and almost all CAD tools can generate ODB++. However, XJDeveloper supports over 80 formats of netlist, so if you do not have ODB++ we simply suggest you try using yours. If XJDeveloper does not recognise it please send it to us, we will gladly convert it to one that we can support, and we will also add support for your format into the next release of XJTAG software.

Can I update the netlist on an existing project?

Yes, simply edit the board to use the new netlist. XJTAG will migrate all the existing setup to the new netlist.

I have modified the board during bring-up – can I represent this in XJTAG?

XJTAG has the ability to add connections (e.g. wire mods) to the circuit model, or to disconnect parts of the circuit (e.g. cut tracks) in addition to being able to mark devices such as resistors and connectors as fitted or unfitted.

How easy is it to write my own tests?

We think it is very easy. But mostly you won’t have to, because the XJEase library contains a large number of common devices such as RAM, Flash, etc.

The XJEase language is designed so that you work by thinking about the device you are testing, so if for example you want to set the nOE pin high on a chip, that is how it is described in XJEase (SET nOE := 1; ) No need to worry which JTAG device the pin is connected to, or how it is connected, XJTAG works that out for you.

The XJEase language means you can do more than just play back a pre-defined set of vectors – you can use IF or WHILE statements to make decisions during tests, and even call other programs from within the tests.

The library of tests provided with XJEase contains a wide selection of devices, and you can see all of the XJEase source code for these tests. So if you want to find out how to do something for a new device, look in the tests we supply for a similar device, and copy or modify it.

The XJEase library also contains functions for using protocols such as I2C or SPI, and useful functions for tasks such as reading programming information from files in various formats, doing maths operations, etc.

What test coverage can I get using XJTAG tools?

The best answer we can give is to suggest you try XJTAG and let XJDeveloper generate a test coverage report for your circuit. XJDeveloper can also give some indications of parts of the board which are not tested or for which testing could be improved.

If you would like to take advantage of a free DFT Coverage Review of your initial design, our experienced test engineers will be happy to provide an analysis of boundary scan testability and make suggestions for improvements to maximise test coverage. Contact us now.

System requirements

推奨システム要件:

  • Intel® Core i3, i5, i7 processor or equivalent (any generation)
  • Microsoft® Windows® 7, Windows 8.1 or Windows 10 (32 or 64 bit)
  • 4 GB of RAM

Upgrades / Support / Maintenance

Can I upgrade to add XJAnalyser or XJFlash later?

Yes, upgrading is simple and our costs are transparent with no penalty for adding functionality at a later date.

What support does XJTAG offer?

XJTAG offers technical support by email and telephone during UK office hours.

Where appropriate we will use internet meeting/telephony software to view problems directly on a customer’s PC, or to demonstrate the use of a feature by showing a PC desktop to the customer.

Customers with a support + maintenance agreement have access to both bug-fix software releases and new-feature releases.

In the event of a fault developing in XJTAG’s hardware XJTAG will replace or repair the unit and will work with the customer to minimise downtime (e.g. by loaning a unit during the repair).

Free evaluation / Licensing

What are the differences between the trial version and the purchased product?

There is no difference between the functionality of the purchased product and the free evaluation version. We provide full technical support by telephone and email, to help with the set-up or troubleshoot any issues during your trial. You will also have access to XJTAG’s device test libraries and latest software upgrades, during your 30-day evaluation period.

Can I convert my trial version to a purchased product?

Yes. If you already have XJDeveloper for evaluation, you can continue using it without interruption by purchasing the full licence. Contact your XJTAG distributor to make a purchase and have your licence extended.

XJDeveloper Integrated Development Environment for JTAG Tests

  • 基板テストの設定・デバッグを
  • インシステムプログラミングのセットアップ
  • テストカバレッジ解析
  • JTAG未対応デバイスのライブラリー

主な効果
  • 高い精度で欠陥を解析し、基板デバッグの時間を削減
  • 早期設計段階からの検証により、タイムtoマーケットを短縮し、プロジェクトのリスクを削減
  • 設計・試作で用いるテストを再利用し、製造検査・フィールドサポートのテスト開発工数を削減
  • プロジェクト間でもテストは再利用されて、工数を削減

柔軟なライセンス形態

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

XJTAG のデモ

富士設備の専門家が、JTAGバウンダリスキェンテストによる欠陥の検出や、テストの開発方法等について、デモを介して紹介します。

デモを依頼

contact us icon

お問い合わせ

製品説明・資料請求・見積依頼・デモ依頼などメッセージをお送りください。あるいは、富士設備にまでメールでお問い合わせください。

お問い合わせ

workstation

無償評価版

XJTAG社と富士設備では、皆様の様々なご要求にお答えできるように、無料体験版、基板セットアップ、講習会を用意しています。

無償評価版を依頼

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan