XJRunner – Run-time production test environment

XJRunner は、XJDeveloperのプロジェクトで作成されたテストの実行環境です。基板製造・検査、フィールドテスト・メンテナンス向けの一連の機能を擁しています。

これにより、基板実装テスト、基板上デバイスへのプログラミング、JTAG未対応デバイスの機能テストが行えるようになり、検査証明用にシリアル番号を管理し、結果のログを構成することもできます。

使い易いGUIを備えており、XJEaseの全てのテストを実行可能です。

XJRunner データ資料 お問い合わせ 評価版

XJRunner manufacturing test environment

単純明快で、安全、かつ 管理可能な生産試験

設計、あるいはテスト技術者によって作成されたテストを圧縮・暗号化されたファイルにすることで、テストプロセスの一貫性を確保することができます。

作業現場に適切な、Run/Stop、パス/フェイル、などのシンプルなメッセージ表示により、テストは簡単なポイント&クリックの作業になります。テスト実行時に特定のメッセージを表示させて、各ボードをテストするための準備や、後始末を確認することもできます。

Using multiple XJLinks or the 4-port XJQuad, save time by testing a batch of boards simultaneously as a group. Alternatively, run through them independently by continuously unplugging one board that has finished testing and plugging in a new one whilst tests are still running on the other ports.

ユーザー管理 & 診断テスト

XJRunnerは、単純に基板上でテストを実行するだけのBasicユーザーから、より複雑なテストへの移行やテストプロジェクトの管理を行える上級ユーザーまでの異なったレベルのユーザーの設定と管理が可能です。

上級ユーザーは一部の或いは全ての基板上のテストを繰り返し実行するように設定することが可能で、これによって、発見が困難な不具合を突き止めることが可能です。

強力で、柔軟性のあるテスト

パス/フェイルの判定のみで、欠陥のあるボードは生産ラインからはじき出す。さらに熟練担当者は、追加のテストや、デバッグをすることで、欠陥箇所を特定することができるでしょう。また、特定のテスト、あるいはそれらの組み合わせ実行、繰返し実行、あるいはテストの連続実行をさせて、断続的に発生するような問題を診断することもできます。

XJRunner also provides statistics on the percentage of boards that have passed/failed as well as Fault Trend Analysis, highlighting tests prone to failure.

Layout & Schematic Viewers included

If any faults are found when running tests, the Layout Viewer and Schematic Viewer* can be used to locate and understand the faults on the board by showing the schematic design and the physical routing of nets, which highlight the potential problem areas. You can also quickly find any component, pin or net in your circuit when trying to pinpoint a fault.

In order to use the Layout Viewer you’ll need to use ODB++ when developing the project or the target system.

* For manufacturers to use the Layout and Schematic Viewers in XJRunner, you have to explicitly export the relevant information from XJDeveloper. Conversely, if the information needs to be kept confidential, do not export it to XJRunner.

XJRunner error in Layout Viewer thumbnail

ログファイル

全てのテストの出力は記録されます。 “何(時間、日付、シリアル番号、ユーザー情報他)を記録するか?”と“ログをどのようにグループ分け(例えば、同じ基板の出力を同じファイルに記録する等)するか?”を選択する幾つかのログオプションがあります。

シリアル番号

XJRunnerでは、測定する基板に単純なシリアル番号を生成することが可能です。より複雑な番号(例えば、MACアドレス)が必要であれば、XJEaseのテストプログラムによる番号作成や、直接入力(例えば、バーコードリーダーを使う)が可能です。

簡単に持ち運べるテスト環境

基板のテストに必要な全てのファイルは1つのXJPack形式のファイルに纏められます。その為、異なるPCやサイトにテストを簡単に移動することが可能です。

機能

  • XJDeveloper により作成されたテストの実行環境
  • テスト実行は、簡便で、管理することができる
  • 様々なシリアル番号付けに対応
  • テストのログ(検査証明)
  • テスト実行のみに担当者を制限できる
  • Fault Dictionary to capture the expertise of your engineers
  • Two modes for simultaneous board testing
  • Board statistics and fault trend analysis
  • Physical location of faulty nets can be displayed visually in the Layout Viewer
  • Circuit design around faults can be viewed in the Schematic Viewer*

推奨システム要件

  • Intel® Core i3, i5, i7 processor or equivalent (any generation)
  • Microsoft® Windows® 7, Windows 8.1 or Windows 10 (32 or 64 bit)
  • 4 GB of RAM

XJRunner run-time environment for manufacturing test

  • 生産試験
  • 基板上デバイスへのプログラミング
  • 回路図ビューア
  • レイアウトビューア

主な効果
  • プロセスの向上(柔軟なテストのログを介して)
  • 委託先によるテストを管理することができる
  • 使い勝手が良く、製造担当者のトレーニングコストを削減できる
  • 複数の XJLinks により、複数のボードテストを同時実行可能

柔軟なライセンス形態

XJTAGシステムに関するご質問や、価格等のお問合せは、弊社あるいは富士設備)まで連絡下さると幸いです。

Ready to get started? Try XJTAG

computer

See XJTAG in action.

Our experts will be happy to show you how the XJTAG tools can help you diagnose faults on your board as well as cutting test development and repair time.

Ask for a Demo

telephone

Questions? We'll call you back.

We're here to help. Enter your name and phone number and one of our test specialists will call you back shortly.

workstation

Get a free test setup.

Evaluate the XJTAG system with full functionality for 30 days and get the first test project set up for your board – for free. No obligation to purchase.

Get started now

Join world leading companies using XJTAG Boundary Scan